Top > Homicidal Liu

Homicidal Liu
HTML ConvertTime 0.015 sec.

ホミサイダル・リウ / 殺人狂のリウ
 
 大丈夫、それほど悪くはないよ
 
 
概要
 
・(編集求む!)
ジェフ・ザ・キラーの兄弟であり、もっとも良き親友だった。
 
 
人物像
 
・温厚的で優しい性格であったが、二重人格の殺人狂の一面がある。容姿不明。
ジェフに体中あますことなく切り裂かれ、その手術の痕が生々しく残る。顔の切り裂かれた口も、自分で縫合しジェフのように笑えないようにしてる様子。
 
武器は携帯してるナイフ、近場にある物や、素手で殴ったりする。
不意に正常に戻るようだが、すぐに殺人鬼に戻る。
 
 
背景
 
・※諸説あります。
彼は普通の少年だった、しかしジェフに殺されかけ生死の縁をさまよい、信じられないほどの苦痛を経験し精神を病む。
やがて自分の中にいる殺人鬼に心を蝕まれていき、悪人だったら殺しても問題ない、と悪人キラーを始める。
その間、レストランでシェフとして働き、恋人と結婚の約束をしたその日に、強盗に襲われ恋人は死亡。
それによって彼のタガが外れ、無差別の殺人狂になった。
 
彼の殺し方は潔癖さが垣間見え、血で汚れたくないからとレザー素材のコートやズボンを好む。
(しかしそれは同棲してた恋人に殺しを知られないための楽しい後片付けだった、恋人がいなくなってからは…どうなったか不明)
殺害方法も趣向をこらし、飽きては変え、飽きては変えている様子。簡単なものから、さらに残虐でこったものへ。
 
・引用台詞も諸説ありますが…(英語版のも欲しいですね…消しちゃってて誰か知ってる方がいたら編集をお願いします)
「俺は殺さなければならない」
「お前を殺すには良い日だ」
「お前の命で償え(支払え)」など。