Top > Ticci Toby

Ticci Toby
HTML ConvertTime 0.011 sec.

原文リンク
NGのため掲載ならず
 
 
チィッキ・トビー / 痙攣するトビー
 
 すべてが白く、これが本当の終わり
 
 
概要
 
・本名: Tobias Erin「Toby」Rogers/トバイアス・エリン(トビー)・ロジャース )は、
Kastoway氏によって作られた同名のcreepypastaからのSlender Manの架空の代理人であり、
Slender Manとのかかわりは公式設定ではなく、二次作品による設定。
誕生日は4月28日。
家族は父と母と、姉がいた。
 
 
人物像
 
・トビーは通常、とても楽観的で非常に優秀な性格をしていますが、彼はときどきとても皮肉になりがちで、時には双極性障害のために感情を制御しきれなくなります。
彼は非常に感情的で、瞬く間に怒っているが、すぐ愉快に喜びに変わることもあります。
そして、時々彼との会話は困難になります。
にもかかわらず、彼は特定の人々に好意的で優しい面があり、そして、彼は生まれながらの人騒がせなトラブルメーカーです。
 
 Hey Masky!
 
 
背景
 
・トビーの狂気への降下と、自らの支配者との最初の出会いに焦点を当てています。
 
・トビーは幼児期にいくつかの精神障害をかかえ育ち、「普通の人」として上手く生きることが彼にとって困難でした。
彼は顔面けいれんのために同級生によって絶えずいじめられて、さらに彼は公立学校に通うのは不適当であると最終的に思われ、ホームスクーリングに切り替わりました。
彼の母と姉妹のライラ(リラ?)からたくさん支えられていましたが、父親はアルコールに溺れ、薬とギャンブルによって、家族を虐待していた。
 
トビーが17歳になったとき、彼と彼の姉妹は悲劇的な自動車事故に巻き込まれ、それによりライラは亡くなる。
このためにトビーの症状は悪化し、食欲を失い、ゆっくり記憶を失い始め、以前よりさらに人と関わらなくなった。
 
Slendermanがトビーを繰り返しストーカーし始めたのもその頃、
それは彼が代理人として適しているか見定めるため…だったらしい。
彼に奇妙な視覚と聴覚による幻覚を少しずつゆっくりと与えていきました。
 
トビーは結局、頭の中の声に従い、父親に危害を加える。
警察から必死に逃亡するため、彼は自宅周辺に火を付けましたが、炎によって瞬時に囲まれてしまいました。
もはや彼は死からも逃げることすらできない、意識を失いかけたその瞬間、
Slendermanがやってきて彼を救いました。
 
目覚めたトビーは、過去の記憶をすべてSlendermanに奪われ、彼の忠実な代理人になっていました。