Top > Laughing jill backstory

Laughing jill backstory
HTML ConvertTime 0.033 sec.

原文リンク

 【英文】

【日本語】
ジルはLJのように、想像力を持った子供によって作られました。
しかしこれはまた別の話です。

メアリー、それがジルの創作者である子供の名前でした。
笑うジルはビクトリア時代(1837年~1901年)に作られました。
(彼女がLJと姿が似てる理由は、「ラフィングジャック」のcreepypastaストーリーを元に、
ジルの創作者は実は作中の少年(アイザック)の祖先だったというストーリーです。
だからLJが現在作られた時代より、ジルは過去に作られたものなので、似ているのです。
ただし、ジルは自分の周りの他者に成熟した行為はしない、特にLjには)
(※"成熟した行為"の意味が……他者に無礼な事はしない?無計画で行動しない?
他人を上手くあしらえるほど大人じゃない?←あ、これだ!)

メアリーは6歳の時にジルを作り、そしてジルはとてもカラフルで、ばかげてお道化て、
虹の服を着ていつもとっても幸せでした。

メアリーはいつも彼女と遊び、両親はこれが正常な子供の成長する段階だと思ったが、
それは悪化しました。

6歳から10歳になっても、メアリーはまだジルと遊んでいました。
両親はそれをとても心配しました。

彼らは娘が病気で狂っていると思いはじめます。もしかしたら娘は統合失調症なのでは?

12歳になっても、メアリーは非現実的なものや存在しない人物を見ることを主張し続け、
とうとう精神病院に送られました。

問題は思っていたよりとても悪く、置き去りにされた忘れ物のジャケットのように、
誰も手が付けられないと放置するしかありませんでした。

ジルの色はわずかに色褪せはじめ、独りぼっちの女の子を心配していました。

ある日、彼らはメアリーが物事を正常に判断できるか調べる精神鑑定を依頼ました。
彼女にジルが見えることまで。

その検査に彼女は完全に怒り狂い、そこにいた医者に主張します。

彼女は腹を立ててうんざりするほど、ジルが見えると叫びました。
医師の一人が銃を持ってくるまで……彼女の頭の後ろを撃つまで。

その瞬間、すべての混乱が治まる……
ジルはしだいに狂いはじめていく、彼女の創作者は目の前で殺されました。
(※たしかこれがビクトリア時代当時の、重度精神疾患の最終的な治療法…だったかな?)

その時点で彼女の色はすべて黒と白だけに色あせました。

葬儀は数週間後に始まり、そしてジルは……まさしく……
それから完全に殺人に目覚めたのです、医者や両親への殺意。

メアリーの母親が家に帰ったとき、彼女は医者の一人を見つけることになる……
その姿はシャンデリアで首を吊られた死体だった。

彼女は恐怖で叫びをあげる、なぜならその遺体は常軌を逸していた。
彼の目から目玉が神経によってぶら下がり垂れて、
口はすべての歯が抜き取られていた……それは強制的にされたようだった……
そして皮膚は傷つけられ鱗のようなフレーク状に捲れあがり、ほとんど古い塗料が剥がれ
てるようにも見えた。

壁には文字が書かれ「YOURE NEXT(アナタガ ツギ ノ バン)」と真新しい血で塗られてる。

あの血は死体のもの?
その戦慄の光景はメアリーの母親を精神的に追いこみ病ませたが、それは再び見ることに
なる死体だけでは終わらなかった……

その女性は彼女の目の前に突然、どこからともなく現れた。

その女性は恐怖をおぼえる病的な顔をし、
ただどこを見るでもなくぼんやりとした、空白の視線で彼女を見ているだけ。

その顔はとても恐ろしいものでしかなかった。メアリーの母はそう、幽霊を見てるかの
ように見入って、脅えて目が離せずにいた。

女性は唐突に片腕でメアリーの母を拾うように軽々と持ち上げると、脆い陶器のカップで
満たされたクローゼットへ彼女を投げつけ、他のプレートや食器まで壊れた。

彼女は背中は血にまみれ、奇妙な女はその両腕で彼女の首を拾うと歩きだす。

しかし、彼女は自分のそばにあった鋭いガラス片を女の眼に刺して、攻撃した。

それで女は放したが、その被害はあまりたいしたことなかった。
奇妙な女はガラス片を引っ張って、そこから滴り落ちる黒い血、目を素早く回復させる。

突然、女は姿を消した、
そして母の背後へ再び現れると、手にしたチェーンソーで彼女を半分に斬りおろした。

どこもかしこも夥しい血飛沫が飛び散る……血だまりが残るその部屋は、
まるで奇妙な女を浸す血浴のよう。

女は抑えきれずに笑いだす、それが終わった時、
メアリーの父は家に入ると台所に行って、気が狂うほどの恐怖で気絶しそうなほど叫ぶ。

彼の妻は死んでいて、メアリーの医者も同様だった。
彼もまた壁に書かれた言葉を見つける、それは鮮血でこう書かれていた……
  Jill was here(ジル ハ ココニ いましたよ)……

  
後日談

数年が過ぎ、現在はここにいた。

ジルはまだ殺しを続け、会う人はみな彼女を満たしてはくれなかった……
彼女がその誰かと出会うまで。

一度だけ彼女は謎の神秘的な男に会い、彼女は彼について尋ねた。
  名前は……ラフィング・ジャック?

当然もちろん、初めて出会った時、彼女はあまり好きとは思わなかった。

ジルはLJに悪い印象を抱いたが、もめごとは起こしたくなかった。

ある日、彼女は彼がどんなことをしているか確かめようとラフィング・ジャックを
偵察することに決めた。

さらに彼女は彼についてもっと調べ、彼と直接会うことを決めた。

それはただの何気ない挨拶からではなく、彼女はLJを攻撃することに決めた。
(彼女はかなり良い礼儀作法を知らず、それが彼女なりの初めて挨拶で、そぉぉぉぉ……
でした、はい)

彼らの戦闘は長きにわたり、彼らは互いの外見を気にし始めるまで続き、
同じ髪の毛の色、目、肌、鼻まで、縞模様だってある。

ついに彼らの間に長い停止がありましたが、LJは待つことができなかったので、
彼のほうからジルに挨拶した。

彼女も挨拶したが、また彼が攻撃を仕掛けてくるのではと身構えて見ていた。

だけど彼女は挨拶するととても嬉しくなって落ち着きはじめた……彼は自分と同じ種類、
彼らの頭は多くの疑問で溢れた。

自分たちは親戚じゃないが、しかしまだ……それでも二人は多くの質問に答え合った。

そしてたくさんの何かが二人の間に芽生えはじめようとしていた。

~END~
原作者:SabrinaNightmaren
和訳転載元